本文へスキップ

茗荷谷の乳腺外科クリニック

ご予約・お問い合わせはTEL.03-5981-8288

〒112-0002 東京都文京区小石川5-7-3

よくある質問FAQ

乳がん検診はどんな検査をしたらいいですか?

検診の基本はマンモグラフィになりますが、長所・短所があります。
マンモグラフィは石灰化病変を見つけることは得意ですが、乳腺が豊富な方ではしこりが乳腺に埋もれて見えないことがあります。その場合は超音波検査の方が得られる情報が多いこともあります。
ただし、超音波検査のみでは石灰化病変の診断は不得意となります。

妊娠中・授乳中でも検査できますか?

X線を使用するマンモグラフィは胎児への被爆があり妊娠中の方の検査を行っておりません。そのため、超音波での検査を行います。
また、授乳中は乳腺の発達により診断がしにくい状態です。可能であれば断乳後が望ましいですが、しこりなど症状がある場合は検査を致します。

生理中でも検査はできますか?

検査をすることは可能ですが、痛みを感じやすくなる可能性がありますので、生理終了後をお勧めします。

早期発見するにはどうしたらいいでしょうか?

ご自身でもしこりを触れたり、ひきつれやえくぼのような皮膚変化を見ることが可能です。さらに定期的な乳がん検診を行うこともお勧めします

乳がん検査で要精査となってしまいました

乳腺外科のあるクリニック、病院を受診してください。
検査はまず超音波を行い、基幹病院へ精密検査を依頼するか、細胞診・組織診を行うか判断いたします。